国立がん研究センターで、PCウイルス感染……動画再生ソフトのアップデート機能を悪用 | RBB TODAY

国立がん研究センターで、PCウイルス感染……動画再生ソフトのアップデート機能を悪用

ブロードバンド セキュリティ

「国立がん研究センター」サイト
  • 「国立がん研究センター」サイト
  • 国立がん研究センターからの告知
 国立がん研究センター(NCC)は2月6日、東病院のパソコン2台がPCウイルスに感染していたことを公表した。

 1月21日に、同センター内のパソコン端末においてウイルス感染の可能性があることが判明。その後の調査で、東病院において医師(レジデント)が使用していた2台の端末においてPCウイルスへの感染が明らかとなった。ネットワークの通信記録より、2台の端末において不審なアクセスが合計100件以上あった。うち、通信量1KB以上のデータ容量は10件以下で合計1.1MBのデータやりとりが、1月3日~1月12日に発生していた。

 当該端末は、学会発表資料等の作成に使用していたもので、カルテシステムとは別のネットワークで運用されていた。そのため、患者ID、カタカナ氏名等が一部含まれるデータが存在するが、診療機能への影響はないとのこと。また、不審な問い合わせなど被害事実が確認できていないことから、個人情報漏えいの可能性も低いという。

 動画再生ソフト「GOM Player」のアップデートプログラムを悪用し、パソコンにPCウイルスを感染させたとみられる。同センターでは、ウイルスを駆除対応するとともに、該当ソフトの削除を行っている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top