日本MS、Windows Azure「コンピューティング集中型インスタンス」A8およびA9正式運用開始 | RBB TODAY

日本MS、Windows Azure「コンピューティング集中型インスタンス」A8およびA9正式運用開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

クラウドサービス ロゴ
  • クラウドサービス ロゴ
  • 計算ノードにA8またはA9を利用した場合のイメージ
  • 「A8」「A9」の構成
  • Azureクラスター構成の種類
  • Windows HPCテクノロジーとの統合
 日本マイクロソフトは1月31日、パブリッククラウドサービスであるWindows Azureのクラウドサービスに「コンピューティング集中型インスタンスA8」および「同A9」を追加し、正式サービスとして提供を開始した。

 「コンピューティング集中型インスタンス」は、リスク管理/保険数理計算、CAE(Computer Aided Engineering)、レンダリング、科学技術計算、創薬研究など、非常に高い数値計算能力とネットワーク能力が求められるアプリケーションの実行に適した環境だ。「A8」「A9」は、処理能力を高めるため、より高速なプロセッサ、多数の仮想コア、大量のメモリを搭載した構成。A8は仮想コア数が8、RAMが56GB、A9は仮想コア数が16、RAMが112GBとなる。

 40GbpsのInfiniBandネットワークも搭載しており、リモート ダイレクト メモリ アクセス(RDMA)テクノロジによって、並列Message Passing Interface(MPI) アプリケーションの効率を最大限に高めることが可能となっている。またWindows HPCテクノロジーもサポートしている(HPC Pack 2012 R2)。

 価格は、A8が1時間あたり203.45円(月額15万1365円)、A9が1時間あたり406.90円(月額30万2729)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top