西島秀俊、ほぼスタント無しのハードアクションに挑戦……「本当に怖かった」 | RBB TODAY

西島秀俊、ほぼスタント無しのハードアクションに挑戦……「本当に怖かった」

エンタメ 映画・ドラマ

映画『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』の記者会見に出席した西島秀俊(左から2人目)
  • 映画『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』の記者会見に出席した西島秀俊(左から2人目)
  • (左から)キム・ソンス監督、西島秀俊、真木よう子、伊武雅刀
 俳優の西島秀俊が20日、都内で行われた映画『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』の記者会見に出席。同作で挑戦したアクションへの思いを語った。

 同作は、第15回サントリー・ミステリー大賞読者賞受賞の司城志朗「ゲノムハザード」を原作とした日韓合作映画。何者かに記憶を“上書き”された天才科学者が、記憶が完全に消えるまでのリミット5日間で真相を追う姿を描く。

 ハードなアクションシーンも描かれる同作だが、西島は「ある程度危ないアクションを自分でやらないと、観客のみなさんがドキドキしないんじゃないか」との思いから、全編を通してほとんどのシーンで、危険なアクションをスタント無しで自身でこなしたという。ガラスでできた屋根を登ろうとして落ちかける、といった危険なシーンもあり、「下が墓地で本当に怖かったです」と振り返った西島だが、「すごいカットがたくさん撮れて満足しています」と、その出来映え自信をみせた。

 そんな西島に対し、キム・ソンス監督も「ガラスの屋根のシーンを撮った時にこの六本木ヒルズが見えたので、次はトム・クルーズのようにあれに登ろうと話をしていました。ぜひそういう話あれば西島さんと映画を撮らせてください」とラブコール。西島は、今後挑戦したいアクションについて「列車の上にのってトンネルよけながら闘うシーン。日本では難しいですが、やりたいんですよね」と、アクションに開眼したようだ。

 映画『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』は1月24日公開。
《花》

関連ニュース

特集

page top