J:COM、独自開発の新STB「Smart J:COM Box」発表……2月より提供開始 | RBB TODAY

J:COM、独自開発の新STB「Smart J:COM Box」発表……2月より提供開始

ブロードバンド テクノロジー

Smart J:COM Box
  • Smart J:COM Box
  • Smart J:COM Boxのリモコン
  • Smart J:COM BoxのUI
  • Smart J:COM Boxの番組表
  • タブレット連携
  • 機器仕様
  • 利用可能サービスの例
 ジュピターテレコム(J:COM)は1月20日、同社のスマートテレビサービスの中核となる、独自開発の新セットトップボックス(STB)「Smart J:COM Box」を発表した。2月1日より提供を開始する。

 J:COMでは、スマートテレビサービスの第一弾として、2013年11月よりAndroid 4.0を搭載したSTB「Smart TV Box」を利用するサービスを開始している。今回、第二弾としてSTB「Smart J:COM Box」を投入することで、本格的にスマートテレビサービスをスタートさせるのが狙い。

 J:COM独自開発のナビゲーション画面から、地上デジタル、BSデジタル、ケーブルデジタル(CS)の視聴、ビデオオンデマンドサービス「J:COMオン デマンド」、番組表による予約や録画再生を、スムーズかつ簡単に利用できる仕様を採用した。マルチビューワーで複数のチャンネルを一覧表示することも可能。録画では、外付けの機器へのHD画質録画、番組視聴と同時に別チャンネルを2番組録画することも可能とした。

 専用のSTB連携アプリ「Xvieリモート」を利用することで、タブレットと「Smart J:COM Box」を連動させ、放送中の番組を視聴したり、録画した番組をその場で楽しむこともできる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top