Google、「スマートコンタクトレンズ」を開発中 | RBB TODAY

Google、「スマートコンタクトレンズ」を開発中

IT・デジタル モバイル

レンズは二層で間に超薄型無線チップとセンサーを搭載する「スマートコンタクトレンズ」
  • レンズは二層で間に超薄型無線チップとセンサーを搭載する「スマートコンタクトレンズ」
 米Googleは16日(現地時間)、コンタクトレンズに無線チップとセンサーを搭載した「スマートコンタクトレンズ」を開発中だと発表した。用途は医療用としている。

 この「スマートコンタクトレンズ」は、Googleの先端技術研究所Google [x] が開発。二層のソフトコンタクトに超薄型のセンサーと無線チップを挟んだもので、センサーは涙に含まれるグルコースを測定する。このグルコースを測定することで、血液中の血糖値管理が行えるとしている。

 糖尿病患者は毎日血糖値を測定しなけれなならないが、指先に針を刺して採血し測定する。このコンタクトレンズを装着すれば、採血の手間が省けることになる。今後は、異常があった場合は光って知らせるLEDライトを内蔵することも検討している。

 まだ開発は初期段階だが、同社ではFDA(アメリカ食品医薬品局)とも話し合っており、製品化に向けたプロジェクトが進行中だという。現時点では医療用だが、さまざまな用途も考えられるスマートプロジェクトだ。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top