高橋ジョージが森泉に手ほどき…マクドナルドの“古き良きアメリカ” | RBB TODAY

高橋ジョージが森泉に手ほどき…マクドナルドの“古き良きアメリカ”

エンタメ フォトレポート

「アメリカンヴィンテージ」キャンペーン発表会
  • 「アメリカンヴィンテージ」キャンペーン発表会
  • 「アメリカンヴィンテージ」キャンペーン発表会
  • 「アメリカンヴィンテージ」キャンペーン発表会
  • 「アメリカンヴィンテージ」キャンペーン発表会
  • 「アメリカンヴィンテージ」キャンペーン発表会
  • 高橋ジョージ
  • 高橋ジョージ
  • 「アメリカンヴィンテージ」キャンペーン発表会
 「ガーンと行く!!」。ロック歌手の高橋ジョージが“古き良き時代のアメリカ”をコンセプトとしたマクドナルドの新商品にかぶりついた。日本マクドナルドは、1950~80年代の「アメリカンヴィンテージ」キャンペーンを、2014年1月7日より期間限定で実施する。

 キャンペーンでは期間限定メニュー(バーガー6種、サイドメニュー1種)が新登場する。2014年最初の新商品である「アメリカンヴィンテージ」シリーズを販売するにあたり、『「アメリカンヴィンテージ」キャンペーン発表&「アメリカンヴィンテージフラッグシップ店オープニングセレモニー」』を7日、東京のマクドナルド六本木ヒルズ店で開催した。同店舗がキャンペーンのフラッグシップ店となる。

 オープニングセレモニーでは、ゲストに高橋とモデル・タレントの森泉が招かれた。森は上がタイトで下がゆったりとした50年代スタイルで登場、高橋はいつものリーゼントスタイルながら、後ろをダックテールにまとめて登場した。「普段は7分で髪型をセットできるけど今日は27分」。そして2人はシリーズ第一弾となる「ダイナーダブルビーフ」「ダイナーハニーマスタード」のファーストバイトを行なった。高橋は新商品のような、大きいハンバーガーの食べ方を指南。「森さんは上品すぎ。こう上下を軽く押さえて、ガツンと……」。ソースがこぼれても意に介さず「そういうのをきれいにすることも覚えなきゃ」と。サイドメニュー「クラシックフライwithチーズ」を食べた森は「止まらない」と気に入った様子。

 マクドナルドは、1955年にアメリカ・シカゴで創業した。2014年、時代の変遷とともに歩んできたマクドナルドならではの企画として、1950年代、1970年代、1980年代の3つの“古き良き時代のアメリカ”をコンセプトに、全国のマクドナルド店舗で展開するキャンペーンが、「アメリカンヴィンテージ」キャンペーンだ。第1期は1950年代がコンセプト。「50年代のファッションってかわいいですよね」と森。高橋は「ハンバーガー、ジーンズ、ロックンロール、この組み合わせ」と、アメリカ文化にあこがれた経験を語る。

 キャンペーンでは期間限定メニュー(バーガー6種、サイドメニュー1種)が新登場する。またマクドナルドの店舗装飾や商品パッケージも特別仕様になる。さらにマクドナルドの「オリジナルLINEスタンプ」や「オリジナルTシャツ」などがもらえるキャンペーンを実施する。

 期間限定メニューは、マクドナルド第1号店のような、1950年代の“アメリカンダイナー”を思わせる「ダイナーダブルビーフ」「ダイナーハニーマスタード」、“ソウルミュージック”が流行した1970年代の活気を表現した「ホット&グルービービーフ」「ホット&グルービーチキン」、“ポップカルチャー”や“ポップミュージック”全盛の華やかな1980年代がテーマの「アメリカンファンキーBBQビーフ」「アメリカンファンキーBBQチキン」を順次展開する。また期間を通して、世界のマクドナルドで初めてとなる新サイドメニュー「クラシックフライwithチーズ」も販売する。

 マクドナルドの店舗装飾や商品パッケージもキャンペーンのコンセプトに合わせ、各年代のアメリカを思わせる、期間限定の特別仕様になる。

 さらにマクドナルドの「オリジナルLINEスタンプ」や「オリジナルTシャツ」などがもらえるキャンペーンを実施する。「ダイナーダブルビーフ」「ダイナーハニーマスタード」のバリューセットもしくはクラシックフライセットを購入すると、プレゼント応募用の「シリアルナンバー」カードをもらえる。

 「オリジナルLINEスタンプ」は、「シリアルナンバー」カードからダウンロードできる。プレゼントキャンペーン実施期間は1月7日~1月下旬、スタンプダウンロード期間は1月7日12時00分~2月7日23時59分、スタンプ有効期間はダウンロードから180日間。またシリアルナンバーを6個集めてキャンペーンサイトから応募すると、総勢1万1000名(先着1万名+抽選1000名)に、「オリジナルTシャツ」をプレゼントする。キャンペーン実施期間は1月7日~1月下旬。

 高橋はキャンペーンについて「楽しみながら食べよう。ぜひ家族で来て」と語る。森も「新しい思い出を作りましょう」と笑った。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top