J:COM電力、九州エリアで提供開始 | RBB TODAY

J:COM電力、九州エリアで提供開始

ブロードバンド その他

「J:COM電力」利用イメージ
  • 「J:COM電力」利用イメージ
  • 「J:COM電力」サービスロゴ
  • 資産区分
 ジュピターテレコム(J:COM)は1月7日、マンション向け電力一括受電サービス「J:COM電力」の提供を、福岡県のJ:COMサービスエリアで開始したことを発表した。

 「J:COM電力」は、利用電力をJ:COMが電力会社から一括購入することで、入居者により安く電気を提供するサービス。住友商事グループの国内電力事業会社であるサミットエナジーから電力の供給を受け、J:COMがマンション単位で一括契約を締結する。これにより、通常5%オフ、J:COMの放送・通信サービス併用で8%オフの価格での提供を可能としている。

 J:COMは2012年12月に関東で電力提供サービスを開始し、順次サービスエリアを拡大、2013年10月からは関西エリア(京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県)でも提供を開始している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top