「もんじゅ」職員のPCがウイルス感染……訓練予定表などが漏えいの可能性 | RBB TODAY

「もんじゅ」職員のPCがウイルス感染……訓練予定表などが漏えいの可能性

ブロードバンド セキュリティ

日本原子力研究開発機構トップページ
  • 日本原子力研究開発機構トップページ
  • 原子力機構による発表(全文)
 日本原子力研究開発機構(JAEA)は1月6日、「もんじゅ」の発電課当直員が使用する事務処理用パソコン1台がコンピュータウイルスに感染し、情報の一部が外部に漏えいした可能性があることを発表した。

 1月2日に原子力機構から外部へ向けた不審な通信が発見されたため、通信状況を調査。その結果、当該パソコンのソフトウェア更新の際に、何らかの方法でコンピュータウイルスに感染させられ、情報漏えいした可能性のあることが判明した。外部サイトとの通信は、1月2日15時02分から16時35分までの間、行われた。

 このPCには、発電課当直員の教育・訓練報告書・訓練予定表、機構改革小集団討議関係資料、メールデータなどが保存されており、プラントの運転制御・監視には無関係だという。核不拡散・核セキュリティ上重要な情報も格納されていなかった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top