公衆無線LANサービス、利用者が前年比34%増……スマホユーザーの4人に1人が利用 | RBB TODAY

公衆無線LANサービス、利用者が前年比34%増……スマホユーザーの4人に1人が利用

ICT総研は12月19日、公衆無線LANサービス(Wi-Fiサービス)市場に関する調査結果をまとめたデータを公開した。

ブロードバンド その他
公衆無線LANサービス利用者数予測
  • 公衆無線LANサービス利用者数予測
  • 公衆無線LANサービス利用回答者数
  • 公衆無線LANサービスの利用者満足度
  • 無線LAN対応モバイル情報端末出荷台数予測
ICT総研は12月19日、公衆無線LANサービス(Wi-Fiサービス)市場に関する調査結果をまとめたデータを公開した。

 それによると、公衆無線LANサービスの2012年度末(2013年3月末)利用者数は1,269万人(個人利用者1,068万人、ビジネス利用者201万人)だったが、2013年度末には34%増の1,702万人に拡大する見通しであることが明らかとあった。個人利用者だけでも1,459万人に達するとのこと。今後も利用者数は毎年400万人前後のペースで伸び続け、2014年度には2,000万人を突破、2016年度には2,914万人に近づくと予想されている。

 また、ICT総研が10月に実施したアンケート調査では、14,993人のアンケート回答者のうち、「公衆無線LANサービスを利用している」と回答したのは12.3%(1,851人)。スマートフォンユーザーに限ると、6,172人のうち23.8%にあたる1,471人が、「公衆無線LANサービスを利用している」と回答した。

 携帯電話事業者としては、ソフトバンクモバイルが2013年11月時点で約45万か所、KDDIが22万か所、NTTドコモが14万か所にWi-Wiスポットを設置済みだ。満足度調査における最高位は、ソフトバンクモバイルが総合満足度65.7ポイントでトップ。次いでKDDI、NTTドコモのサービスが両社とも65.1ポイントとなっている。なお、固定系通信事業者などが運営するサービスは、利用できる無線LANスポット設置数が少ないため、総じて利用者の満足度が低い傾向にあった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top