米IBM、複数クラウド間で円滑にデータ移行可能なソフトを開発 | RBB TODAY

米IBM、複数クラウド間で円滑にデータ移行可能なソフトを開発

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

管理画面のイメージ
  • 管理画面のイメージ
  • 新技術の概要
 米IBMの研究機関は、機密と安全性を保ったまま、複数クラウドでデータを動的に移行できる、新しいクラウド・ストレージ用ソフトウェアを開発したことを発表した。

 個々のクラウドのレジリエンスを利用する「cloud-of-clouds」(複数のクラウドが連携したクラウド)というアプローチを採用し、単一クラウドよりも強力なデータ保護が可能だという。

 この技術は、サードパーティ提供のプライベート/パブリック・クラウドにストレージ・システムがアクセスするためのソフトウェア・ツールキットで構成される。ツールキットは、特定のベンダーに依存することなく、顧客が選択するクラウドにファイルをドラッグ・アンド・ドロップでバックアップ・共有することが可能な「オブジェクト・ストレージ」インターフェイスを採用している。このツールキットとSoftLayerの組み合わせにより、たとえば、遠隔のパブリック・クラウドからオンプレミスのプライベート・クラウドに簡単にデータ移行するといったことが可能となる。

 なお、IBMの研究員が開発した特許出願中のアルゴリズムは、IEEE/IFIP International Conference on Dependable Systems and Networks(DSN)において「Robust data sharing with key-value stores」と題した論文で発表済みとのこと。


《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top