ディスプレイも搭載! ソフトバンク、スマホと連携するリストバンド型健康管理デバイス「Fitbit Force」 | RBB TODAY

ディスプレイも搭載! ソフトバンク、スマホと連携するリストバンド型健康管理デバイス「Fitbit Force」

 ソフトバンクモバイルは3日、スマートフォンと連携するリストバンド型の健康管理デバイス「Fitbit Force」を発表した。発売は2014年1月中旬以降の予定。

IT・デジタル スマートフォン
有機ELディスプレイ搭載で時刻やデータを確認できるようになった「Fitbit Force」
  • 有機ELディスプレイ搭載で時刻やデータを確認できるようになった「Fitbit Force」
  • 「Fitbit Force」(右)はディスプレイ付きなのが「Fitbit Flex」との大きな違い
 ソフトバンクモバイルは3日、スマートフォンと連携するリストバンド型の健康管理デバイス「Fitbit Force」を発表した。発売は2014年1月中旬以降の予定。

 「Fitbit Force」は、ソフトバンクモバイルの健康管理サービス「SoftBank HealthCare」に対応したリストバンド型の活動量計で、「Fitbit Flex」の後継モデルにあたる。「Fitbit Flex」同様に歩数、距離、消費カロリー、睡眠時間が測定できるほか、新たに高度計が加わり、上ったフロア数を測定できるようになった。

 また、「Fitbit Flex」にはなかったディスプレーが新たに搭載され、測定データや時刻を手軽に確認することができるようになっている。ディスプレイは有機EL、バッテリはリチウムイオンで連続使用時間は7日間、カラーはブラック1色。Bluetooth 4.0に対応しており、スマートフォンへデータを転送する。

 同機は、12月5日~7日に東京ビッグサイトで開催される、スポーツ・健康施設活性化のための専門展・カンファレンス「SPORTEC 2013」にて展示される。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top