フランク・ゲーリーの魚ランプ新作 ロンドン | RBB TODAY

フランク・ゲーリーの魚ランプ新作 ロンドン

ブロードバンド 回線・サービス

FRANK GEHRY「Untitled (London V)」 2013年
  • FRANK GEHRY「Untitled (London V)」 2013年
  • FRANK GEHRY「Untitled (London I)」2013年
  • FRANK GEHRY「Untitled (London II)」 2013年
  • FRANK GEHRY「Untitled (London III)」2013年
ロンドンのガゴシアンギャラリー(Gagosian Gallery)で、フランク・ゲーリー(Frank Gehry)による照明作品「Fish Lamps(魚ランプ)」シリーズの新作が展示されている。12月21日まで。

フランク・ゲーリーは現代を代表する建築家として世界的に知られるが、工業材料などのユニークな素材を使った彫刻も精力的に制作している。同照明シリーズは、1983年に建材メーカーの「フォーマイカ(Formica)」から、Color Coreという当時の最新プラスチック板を素材に作品制作を依頼されたことがきっかけで誕生。制作中にうっかり板を割ってしまい、その破片が魚の鱗に見えたことから着想を得たという。

新作では、これまでよりも素材の板が大きく荒削りになり、巨大なサイズの作品を取り入れるなどデザインのスケールを広げた。作品の魚の群れは木製の台座を迂回するように、壁に垂直に、あるいは天井から吊るしてシャンデリアのように、空間全体を使って設置されている。まるで会場を泳ぎまわるかのような躍動感に満ち、貼り合わせられた鱗の間から、柔らな光が溢れる。

初日に開催された内覧会では、展示風景に多くの招待客がカメラを向けたが、「この光の美しさは、とても写真に収められない」と感嘆の声が四方から聞かれた。また、ロサンゼルスを拠点に活動するゲーリー自身も顔を見せた。親日家として知られる同氏だが、本シリーズのデザインは、浮世絵師の安藤広重が描いた鯉からも影響を受けているという。同作はこれまでにもカルフォルニアとパリのガゴシアンギャラリーでもオリジナル作品が展示され、次回は香港でも披露される予定。

ゲーリーは1987年に、アパレルのワールドが神戸港のメリケンパークに安藤忠雄の設計で建設したフィッシュダンスホールのランドマークとして、全長21mの巨大な魚のオブジェを設計している。また、同氏がデザインした巨大な「Tokyo Bench(東京ベンチ)」はワールドの南青山ビル1階に、現在も来客用のイス(ベンチ)として展示・使用されている。


【イベント情報】
「FRANK GEHRY: FISH LAMPS」
会場:Gagosian Gallery London
住所:17-19 Davies Street London W1K
会期:11月7日から12月21日
時間:10:00から18:00
休館日:日曜日

フランク・ゲーリーの魚ランプ新作、ガゴシアンギャラリーを遊泳

《山岸早瀬》

関連ニュース

特集

page top