台湾BungBungame、10.1型Androidタブレット「KALOS」を日本で発売……IGZO液晶、Tegra 4搭載のハイエンド機 | RBB TODAY

台湾BungBungame、10.1型Androidタブレット「KALOS」を日本で発売……IGZO液晶、Tegra 4搭載のハイエンド機

IT・デジタル モバイル

BungBungame製10.1型Androidタブレット「KALOS」
  • BungBungame製10.1型Androidタブレット「KALOS」
  • Tegra 4を搭載
 台湾BungBungameは25日、10.1型Androidタブレット「KALOS」を発表した。IGZO液晶、Tegra 4搭載のハイスペックモデルで、日本発売は12月中旬、予想実売価格は45,800円前後。

 「KALOS」は、ディスプレイは10.1インチのIGZO液晶(2,560×1,600ピクセル)、プロセッサにTegra 4(1.8GHz)、メインカメラに1300万画素のソニー製裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R”を搭載したハイスペックモデルのタブレット。OSはAndroid 4.2.2、メモリは2GB、ストレージは16GBを装備する。

 外観はアルミニウム合金素材設計で、軽量と強度を両立。カラーはブラックネイビー色で、エレガントで高級感が溢れるデザインとなっている。AM3Dのデジタルサウンド信号処理技術「Audio Enhancement」により、搭載のステレオスピーカーだけで自然な3Dバーチャル・サラウンド・サウンドを実現した。

 ワイヤレスはIEEE802.11a/b/g/n Wi-Fi、Bluetooth 4.0、Miracast、インタフェース類は、Micro USB 2.0、microSDスロットなど。NFC、GPS、加速度、ジャイロ、デジタルコンパスといったセンサーを装備する。

 本体サイズは幅262mm×高さ183mm×奥行8.9mm、重量は600g。電池容量が33Whのリチウムポリマーバッテリを搭載し、バッテリ駆動時間は10時間以上。

 BungBungame社は、2008年に創業した台湾の新興メーカー。Windowsタブレット「Photon」などを発売している。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top