富士通、クラウドハイブリッド環境の運用管理ソフト「Systemwalker Centric Manager V15」発売 | RBB TODAY

富士通、クラウドハイブリッド環境の運用管理ソフト「Systemwalker Centric Manager V15」発売

 富士通は11月25日、システム全体のICT資産情報と監視情報を統合管理するソフトウェア「FUJITSU Software Systemwalker Centric Manager V15」の販売を開始した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
富士通、クラウドハイブリッド環境の運用管理ソフト「Systemwalker Centric Manager V15」発売
  • 富士通、クラウドハイブリッド環境の運用管理ソフト「Systemwalker Centric Manager V15」発売
  • 富士通、クラウドハイブリッド環境の運用管理ソフト「Systemwalker Centric Manager V15」発売
  • 富士通、クラウドハイブリッド環境の運用管理ソフト「Systemwalker Centric Manager V15」発売
  • 富士通、クラウドハイブリッド環境の運用管理ソフト「Systemwalker Centric Manager V15」発売
 富士通は11月25日、システム全体のICT資産情報と監視情報を統合管理するソフトウェア「FUJITSU Software Systemwalker Centric Manager V15」の販売を開始した。

 「FUJITSU Software Systemwalker Centric Manager V15」は、従来のオンプレミス環境、プライベートクラウド環境、および複数のパブリッククラウド環境を組み合わせてシステムを構築するハイブリッド環境において、ソフトウェアの導入からシステムの監視、対処までをワンストップで運用管理できるソフトウェア。システム全体で使用されているソフトウェア情報に加え、オンプレミス環境・プライベートクラウド環境では、サーバやストレージなどのハードウェア情報を自動収集し、使用するICT資産全体を可視化できる。

 また、スマートソフトウェアテクノロジーにより、重要度の高いメッセージのみを確認できる。ポータル画面もカスタマイズ可能となっている。

 AR統合基盤「FUJITSU Software Interstage AR Processing Server」と連携し、機器の運用状態の確認や、監視メッセージに応じた作業手順をスマートデバイスに表示させることも可能。垂直統合型 仮想化・プライベートクラウド基盤「FUJITSU Integrated System Cloud Ready Blocks」との連携にも対応する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top