“好感度低い芸人”ピース・綾部、ペニオクの話題には触れず | RBB TODAY

“好感度低い芸人”ピース・綾部、ペニオクの話題には触れず

エンタメ その他

ペニオクの話題には一切触れなかったピース・綾部祐二(右)
  • ペニオクの話題には一切触れなかったピース・綾部祐二(右)
  • “好感度低い芸人”たちが出演した「アメトーーク!」(公式サイト)
 「出演者がガチすぎる」と話題になっていた「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の「好感度低い芸人」特集が14日に放送された。詐欺サイトのステマでバッシングを受けたお笑いコンビ・ピースの綾部祐二も出演していたが、その話題には一切触れなかった。

 「好感度低い芸人」の出演者は、品川庄司・品川祐やキングコング・西野亮廣といった炎上や騒動の常連メンツばかり。番組予告が放送されてすぐ「出演者の人選がガチすぎる」と話題を呼んだ。

 出演者のなかでもとくに注目されていたのが、ピース・綾部。綾部は2012年12月、詐欺オークションサイト・ペニーオークション(以下、ペニオク)のステマをブログで行っていたことでバッシングを受けた。同じくペニオクのステマをしていたモデル・小森純やグラビアアイドル・ほしのあきたちは、批判を受けて実質の活動休止状態に入ったが、綾部は、謝罪はしたものの変わりなく活動を継続。ネット上では、「何事もなかったかのようだ」とさらなる非難が巻き起こっていた。

 そういった経緯から、綾部がペニオク騒動について語るのかという期待を寄せていた視聴者も多かった。しかし、「好感度低い芸人」ではペニオクの話題に一切触れず。綾部への世間の声は紹介されたが、「売れようと必死すぎる」などで、ステマ関係の意見は取り上げられなかった。ネット上では、「ペニオクの話なかったね」「綾部あんまり喋らなかった」と残念がる声が上がっている。

 なお、「好感度低い芸人」で共演した品川祐や陣内智則は番組放送後、「嫌われ者として開き直っていて面白かった」と株を上げた模様。嫌われ芸人として笑いをとるには、嫌われている理由が周囲も自分もいじりづらい……というのが綾部の苦しいところだったのかもしれない。
《原田》

関連ニュース

特集

page top