永山祐子の建築展覧会「建築から始まる未来」 | RBB TODAY

永山祐子の建築展覧会「建築から始まる未来」

エンタメ フォトレポート

建築家の永山祐子が手掛けた豊島美術館
  • 建築家の永山祐子が手掛けた豊島美術館
  • 建築家の永山祐子が手掛けた豊島美術館
  • 建築家の永山祐子が手掛けた豊島美術館
  • 建築家の永山祐子が手掛けた豊島美術館
  • 建築家の永山祐子が手掛けた豊島美術館
  • 建築家の永山祐子が手掛けた豊島美術館
  • 建築家の永山祐子が手掛けた豊島美術館
  • 建築家の永山祐子が手掛けた豊島美術館
建築家・永山祐子の展覧会「建築から始まる未来-豊島×横尾忠則、宇和島×束芋×ほしよりこ-」が、東京・表参道のジャイル(GYRE)内アートスペース、アイ・オブ・ジャイル(EYE OF GYRE)で開催されている。11月24日まで。入場無料。

本展では、今夏永山が手掛けた瀬戸内海周辺での二つのアートプロジェクトを、映像や写真、建築模型を用いて紹介。建築やアートのエネルギーによる地域再生を目指し、新たなコミュニティーを創造する取り組みとして話題となったプロジェクトのビジョンを提示する。

一つ目の「豊島横尾館」は、現代美術家の横尾忠則の絵画作品「原始宇宙」の平面作品11点と、円塔の中や庭園でのインスタレーション作品、建築と一体となった美術館。

もう一つの「AT ART UWAJIMA 2013」からは、作家の司馬遼太郎らが滞在したことでも知られる1911年創業の宇和島の老舗の「木屋旅館」をリノベーションするというアートプロジェクトを紹介。畳の一部をアクリル板にし、欄間(らんま)や壁、天井などに漫画家・ほしよりこが書く小説に基づき現代美術家の束芋が制作した映像が映し出された。他にも、宇和島のアーケードにある文具店をリノベーションしたプロジェクトや、 理想の街をつくる観客参加型の展示も登場する。

会期中の11月17日には、永山と束芋によるトークショー「建築×アートの可能性」も開催。司会は、アートダイナミクスの生駒芳子が担当する。

また関連商品の販売も実施。「AT ART UWAJIMA 2013」のために書かれた、ほしよりこの小説「そういう事がずっと続く」(700円)、束芋デザインの「宇和島Tシャツ」(2,500円)、宝飾品にならない真珠を蘇らせた「リパール」で作った、ほしよりこ、束芋、永山祐子監修のオリジナル限定商品などがそろう。

永山祐子の建築展覧会。 横尾忠則、束芋、ほしよりことのプロジェクト紹介

《中込公一》

特集

page top