「リーガルハイ」矛盾発覚で謝罪……黛先生も苦言 「訴訟問題に発展することも」 | RBB TODAY

「リーガルハイ」矛盾発覚で謝罪……黛先生も苦言 「訴訟問題に発展することも」

 堺雅人主演のフジテレビ系ドラマ「リーガルハイ」の登場人物の設定に矛盾があったとして、同局は公式サイト上に訂正とお詫びを掲載した。

エンタメ 映画・ドラマ
「リーガルハイ」黛真知子のプロフィールに誤りがあったとしてフジテレビが謝罪
  • 「リーガルハイ」黛真知子のプロフィールに誤りがあったとしてフジテレビが謝罪
  • 「リーガルハイ」黛真知子のプロフィールに誤りがあったとしてフジテレビが謝罪
 堺雅人主演のフジテレビ系ドラマ「リーガルハイ」の登場人物の設定に矛盾があったとして、同局は公式サイト上に訂正とお詫びを掲載した。

 問題となっているのは古美門法律事務所の弁護士・黛真知子(新垣結衣)のプロフィール。同番組公式サイトに記載されている黛のプロフィールには「小学校から高校まで、お茶の水女子大附属に通っていた」とあったが、23日放送の第3話では、黛が高校時代のクラスメートであった男性から弁護依頼を受けていた。

 フジテレビによれば、一部の視聴者から矛盾を指摘されて黛本人に確認したところ、「黛先生がお茶の水女子大附属に通われていたのは小、中学校までであり、高校は共学であるとのことでした」と誤記載を認めた。

 なお、黛からは「個人のプロフィールを公表するときは、必ず本人に確認をとりましょう。訴訟問題に発展することもあります」との指摘を受けたとのこと。「黛先生ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫びするとともに、今後このようなことがないよう再発防止に努める所存です」と謝罪している。

 まさかこれをネタに一話作るつもりでは……?
《花》

関連ニュース

特集

page top