「JP1」と「クイック認証SSL」を連携 | RBB TODAY

「JP1」と「クイック認証SSL」を連携

 日立とGMOグローバルサインは、「JP1」と「クイック認証SSL」を組み合わせて、遠隔地との大容量データ転送システムを構築・運用するユーザに対する導入支援を共同で行う。

ブロードバンド セキュリティ
GMOグローバルサインによる発表
  • GMOグローバルサインによる発表
株式会社日立製作所(日立)とGMOグローバルサイン株式会社は10月7日、日立の統合システム運用管理「JP1」と、GMOグローバルサインのサーバ証明書サービスである「クイック認証SSL」を組み合わせて、遠隔地との大容量データ転送システムを構築・運用するユーザに対する導入支援を共同で行うと発表した。

具体的には、国内企業のグローバル展開を支援する高速大容量データ転送の基盤製品「JP1/Data Highway」の顧客向けに、同製品の利用時に必要となるサーバ証明書として「クイック認証SSL」を容易かつ迅速に導入可能にするため、両製品を組み合わせての使用について共同で検証を行った。両社は設定手順書を作成して10月31日から提供開始するとともに、共同でのマーケティング活動を推進するほか、両社の技術を融合した新たな製品・サービスの開発に取り組むとしている。

「JP1」と「クイック認証SSL」を連携、迅速な導入を可能に(日立、GMOグローバルサイン)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top