東大・慶大・阪大など8大学、電子書籍の総合的な実証実験を開始 | RBB TODAY

東大・慶大・阪大など8大学、電子書籍の総合的な実証実験を開始

ブロードバンド その他

ナビゲーション・システムのイメージ
  • ナビゲーション・システムのイメージ
 慶應義塾大学など8大学は27日、大学図書館における電子書籍の活用に関する総合的な実証実験を、10月1日より行うことを発表した。

 大学図書館電子学術書共同利用実験に参加している8大学(慶應義塾大学(幹事校)、大阪大学、神戸大学、東京大学、名古屋大学、奈良先端科学技術大学院大学、福井大学、立命館大学)合同で行うのは、日本では初。

 実験では、専用アプリを搭載したiPad等のデバイスを一定期間貸出して、8大学合同でのモニター調査を行う。合同実験は、12月末で終了するが、閲覧サービスは2014年3月末まで行う予定。また、EBSCO社のEBSCO Discovery ServiceやEx Libris社のPrimoなど、電子書籍の発見性を高めるナビゲーション・システムの検討を行う。そのほか、学生や研究者等が電子書籍化を期待している書籍の大規模調査、電子教科書の配信・利用実験などを行う。

 今回の実験により、大学図書館に共通する電子書籍の「利用のイメージ」を明らか歳、本格的な電子書籍サービスの実現に必要な基礎データを収集するのが目的。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top