Microsoft、「Surface」の新モデル「Surface Pro 2」「Surface 2」発表……スペック強化し省電力化図る! | RBB TODAY

Microsoft、「Surface」の新モデル「Surface Pro 2」「Surface 2」発表……スペック強化し省電力化図る!

IT・デジタル モバイル

「Surface」の新モデル「Surface Pro 2」(右)と「Surface 2」
  • 「Surface」の新モデル「Surface Pro 2」(右)と「Surface 2」
  • 第4世代Core(Haswell)搭載の「Surface Pro 2」
  • Tegra 4搭載の「Surface RT」後継機「Surface 2」
  • 「Surface 2」の背面や側面はシルバー
 米Microsoftは23日(現地時間)、同社のWindowsタブレット「Surface」の新モデルでWindows 8.1 Pro搭載の10.6型タブレット「Surface Pro 2」、Windows RT 8.1搭載の10.6型タブレット「Surface 2」を発表した。

 「Surface Pro 2」は「Surface Pro」の後継モデル、「Surface 2」は「Surface RT」の後継モデル。「Surface Pro 2」は64GB、128GB、256GB、512GBモデルがラインアップされ、価格は64GBモデルが899ドル、128GBモデルが999ドル、256GBモデルが1,299ドル、512GBモデルが1,799ドル。「Surface 2」は32GB/64GBで、価格は32GBモデルが449ドル、64GBモデルが549ドル。

■第4世代Core搭載で駆動時間も60%延びた「Surface Pro 2」

 「Surface Pro 2」は、CPUを第3世代Coreから最新の第4世代Core(Haswell)へと強化しつつ、バッテリー駆動時間を最大60%延長するなど省エネにも注力した。ディスプレイは10点タッチ対応の10.6型液晶(1,920×1,080ピクセル)、OSはWindows 8.1 Pro、OPUにCore i5-4200U(1.6GHz)、メモリは64GBモデルと128GBモデルが4GB、256GBモデルと512GBモデルが8GB、1024段階の筆圧に対応したデジタイザペン入力機能も搭載する。

 カメラはインもアウトも720p仕様、インターフェースはSDXC対応microSDカードスロット、USB 3.0、Mini DisplayPort出力など、ワイヤレスはIEEE802.11a/b/g/nとBluetooth 4.0に対応。環境光センサー、加速度センサー、ジャイロ、地磁気センサーなどを内蔵する。本体サイズは、幅274.6mm×高さ173mm×奥行13.5mm、重量は907g。

■Tegra 4搭載の「Surface RT」後継機「Surface 2」

 「Surface 2」は、CPUをTegra 3からTegra 4に強化し、ディスプレイもフルHD解像度となった。また、こちらも省エネに配慮されている。ディスプレイは5点タッチ対応10.6型、OSはWindows RT 8.1、CPUはTegra 4(1.7GHz)、メモリ2GB。インカメラは350万画素、アウトカメラは500万画素。インターフェースはUSB 3.0、microSDXCカードスロットなど、ワイヤレスはIEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0、環境光センサー、加速度センサー、ジャイロ、地磁気センサーなどを内蔵する。

 本体サイズは幅274.6mm×高さ172.4mm×奥行8.9mm、重量は676g。バッテリ駆動時間は動画再生時で最大10時間となっている。

 両モデルとも米国では9月24日に予約を開始し、欧米やアジアなど世界21地域で10月22日に、中国で11月初旬に発売する。日本での発売は未定。Skypeを使った固定電話(世界60カ国)との通話が1年間無料、SkyDriveの200GBまでの利用が2年間無料になるなどの特典が付与されている。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top