SBモバイル、スマホ向けプリペイドサービス「プリスマ」提供開始 | RBB TODAY

SBモバイル、スマホ向けプリペイドサービス「プリスマ」提供開始

エンタープライズ モバイルBIZ

SoftBank 101P
  • SoftBank 101P
  • SoftBank 107SH
  • SoftBank 201HW(写真は4G対応版)
  • 利用可能なサービス・利用料金
 ソフトバンクモバイルは29日、スマートフォン向けプリペイドサービス「プリスマ」を発表した。9月6日より提供を開始する。

 同社では、毎月の基本使用料不要の前払い方式で、3G携帯電話のプリペイドサービス「プリモバイル」を提供している。今回提供開始する「プリスマ」は、通話やメールに加えパケット通信(3G)も手軽に利用できるスマートフォンに適したプリペイドサービスとのこと。

 基本使用料不要で、購入したプリペイドカード(3,000円/5,000円)の登録金額分を利用できる。パケット通信を利用する際は、使い方に応じてパケット定額サービスの利用期間を「2日」「7日」「30日」の3プランから選択する。パケット定額サービスの利用期間中は、ソフトバンクWi-Fiスポットも利用可能。また、プリペイドカードを追加登録(リチャージ)することで、同じ番号を簡単に継続して利用できる。

 また「プリスマ」の提供開始にあわせて、プリペイドUSIMカードがセットになった「プリスマ」対応携帯電話を、全国のソフトバンク携帯電話取扱店で発売する。「プリスマ」対応携帯電話は、無料チャージと、購入日を含む2日間の無料パケット通信が付与される「無料チャージ付きプリペイドプラン」が適用となり、購入してすぐに利用可能。「プリスマ」対応携帯電話は、「LUMIX Phone SoftBank 101P」「PANTONE 5 SoftBank 107SH」(2013年9月6日発売)、「STREAM SoftBank 201HW 3G」(2013年10月下旬以降発売)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top