司馬遼太郎「竜馬がゆく」電子書籍版が売れ行き好調、今日から4~6巻が発売 | RBB TODAY

司馬遼太郎「竜馬がゆく」電子書籍版が売れ行き好調、今日から4~6巻が発売

エンタメ その他

文藝春秋の司馬遼太郎『竜馬がゆく』特設ページ
  • 文藝春秋の司馬遼太郎『竜馬がゆく』特設ページ
 司馬遼太郎作品で初めて本格電子書籍化された「竜馬がゆく」が売れ行き好調だという。そんなななか、「竜馬がゆく」第二弾が今日から配信開始された。

 文藝春秋は6月21日、司馬遼太郎の名作「竜馬がゆく」全8巻のうちの(一)~(三)を電子書籍化して発売した。土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の生涯を、激動期に生きた多数の青春群像とともに壮大なスケールで描きあげた司馬遼太郎の代表作で、総発行部数2,500万部を誇る。

 発売以来、売れ行きは好調で、「竜馬がゆく(一)」はiBookStore、楽天Kobo、紀伊國屋書店、Reader Store、BookLive!、ガラパゴスストアなど、主要な電子書店のデイリーランキング、週刊ランキング、書籍ランキング等で売上1位を記録している。

 12日には、「竜馬がゆく」(四)~(六)が販売開始。「池田屋ノ変」「蛤御門ノ変」「薩長同盟」など、物語としても盛り上がる部分でもある。また、最終盤となる(七)~(八)は8月7日に発売される。ちなみに同日は司馬遼太郎の生誕日でもあるという。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top