ウィルコム、順調な業績回復で更生手続終結……ソフトバンクの連結子会社に | RBB TODAY

ウィルコム、順調な業績回復で更生手続終結……ソフトバンクの連結子会社に

エンタープライズ モバイルBIZ

ウィルコムからの更生手続終結決定のお知らせ
  • ウィルコムからの更生手続終結決定のお知らせ
 ウィルコムは1日、東京地方裁判所から更生手続終結の決定を受けたと発表した。これにより、同社は発行株式100%を保有するソフトバンクの連結子会社となる。

 ウィルコムは、2010年2月に東京地方裁判所に対して会社更生手続開始の申立を行い、同年3月に同裁判所から会社更生手続の開始決定を受けた後、更生計画(2010年11月に認可決定)に基づき、更生債権等の弁済を進めていた。負債総額は410億円で、更生計画はこれを6年間で均等弁済するというものだった。

 この間、ソフトバンクが同社のスポンサーとなり、管財人を派遣するとともに、事業運営及び更生計画の遂行に必要な支援を行ってきた。また、2010年12月には同社の全発行済株式を取得していた。

 ウィルコムは2007年7月の466万件をピークに契約者数が減少。2010年12月末時点では378万件にまで落ち込んだ。しかしソフトバンク支援のもと、割安料金プランや「だれとでも定額」などを導入し、2011年1月には20ヵ月ぶりに純増契約数がプラスに転じ、2013年5月末時点で545万件と大幅に契約者数を伸ばしていた。2011年度第2四半期には四半期ベースで営業黒字に転じ、その後も黒字を維持し続けている。

 このように業績が着実に回復していることから、ウィルコムはソフトバンクから必要な資金を調達した上で、更生債権等(残額:約271億円)の一括繰上弁済を6月7日に実施。6月17日に会社更生手続の終結を申し立て、これを受けて7月1日、東京地方裁判所から更生手続終結の決定を受けた。更生手続終結により、ウィルコムは、裁判所及び管財人の監督下から離れ、同日付でソフトバンクの連結子会社となった。

 ウィルコムでは、「本日、無事に新生ウィルコムとして再出発できますことは、お客さま、債権者の皆さま、お取引先の皆さま、および関係各位のご理解とご支援の賜物であり、心より感謝申し上げます。ウィルコムは、今後ともソフトバンクグループの一員として、全社一丸となって事業に邁進してまいります」とのコメントを出している。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top