インデックスが民事再生法の適用を申請 負債は約245億円 | RBB TODAY

インデックスが民事再生法の適用を申請 負債は約245億円

エンタープライズ 企業

インデックスのホームベージ
  • インデックスのホームベージ
  • インデックスのホームベージ
 デジタルゲーム事業およびコンテンツ&ソリューション事業をてがけるインデックス(資本金:393億7946万3930円、東京都)は27日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。東京地裁はこれを受理した。

 インデックスは1995年9月に設立、携帯電話などのコンテンツ企画制作を手がけた。帝国データバンクによると、2001年3月に店頭市場(現:ジャスダック)に株式を公開。M&Aで業容を拡大、2006年に子会社に事業を移管してインデックス・ホールディングスに商号を変更し、グループ持ち株会社となった。2008年8月期の連結年収入高は約1235億3500万円を計上した。

 しかしその後は業績が悪化、特に海外買収案件では予想どおりの収益が上がらず、多額の投資損失が発生した。2009年3月に日本振興銀行と資本提携を行ない、2010年1月から中小企業振興ネットワークに加盟したものの、日本振興銀行の経営悪化から7月に脱退。その後グループの再編を進め、2010年12月にインデックスに商号を変更。2012年8月期の連結年収入高は約183億1500万円、単体では年収入高約108億3300万円に落ち込んでいた。

 そうしたなか6月12日、循環取引で売り上げや利益を水増しした粉飾決算を行なっていたとして、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで、証券取引等監視委員会が本社や関係先を強制調査。急激な信用収縮が起こり、自主再建が困難となった。負債は約245億円。

 インデックスは今後、裁判所および監督委員の監督のもと、事業を継続し、再建を図る。インデックスによると、デジタルゲーム事業をはじめとする事業自体は順調に推移し、また、ソーシャルゲームをはじめとして提供可能なサービス領域は、今後も成長が見込まれているという。インデックスは迅速にスポンサーを募集・選定の上、事業譲渡を実施することを検討している。
《RBB TODAY》

特集

page top