【中学受験2014】学校選びのポイント、親子で志望校が違ったら? | RBB TODAY

【中学受験2014】学校選びのポイント、親子で志望校が違ったら?

エンタープライズ その他

奥田章人氏(左)と堀部雅夫氏(右)
  • 奥田章人氏(左)と堀部雅夫氏(右)
  • 栄光ゼミナール 小学生のコース
  • 教務部 入試推進課の堀部雅夫課長
  • 御三家対策コースの雙葉クラス指導責任者で20年以上にわたり中学受験に携わる奥田章人氏
 各地で学校説明会や入試説明会が開催され、受験の天王山と言われる夏休みまであと1か月となった。中学受験生はこの時期、どのように過ごせばよいのか? 志望校が決まっていない場合は? 公立中高一貫校対策は? 栄光で中学受験説明会などを担当する教務部 入試推進課の堀部雅夫課長と、御三家対策コースの雙葉クラス指導責任者で20年以上にわたり中学受験に携わる奥田章人氏に聞いた。

 ここでは志望校の決定について紹介する。

--志望校はいつ頃までに決めればよいでしょうか。

奥田氏:今、6年生の授業を担当しているのですが、今のクラスの10名程度のお子さんは、第一志望校をおぼろげながらも決めています。

 第二、第三志望は、第一志望に環境や校風が似ている学校を紹介し、保護者の方に学校説明会に足を運んでいただき、お子さんにも機会があれば学校を見てもらいます。さらに、秋に文化祭や体育祭などに足を運び、9月から10月にほぼ決定します。10月下旬には、受ける学校が8割方決まるという感じです。

--6年生もまだ、学校を見学する機会があるということですか。

奥田氏:5年生までに学校を見学していても、6年生になると受験に向けて気持ちも変わってくるため、学校の見方が変わってきます。ですので、6年生になって改めて見学することをお勧めしています。

--学校選びのポイントについて教えてください。

奥田氏:まず大きく分けて、進学校か大学附属校(系列校)かを決めます。進学校は大学を一つのゴールとしてお考えになるので、合格実績の大学名だけでなく、理系・文系など卒業生の進路を見ておくことが大切です。

 また、附属校とひとことで言っても、系列大学への推薦枠がどのくらいあるのか、慶應や早稲田実業のようにほぼ全員が上に進学する学校なのか、外部受験する子が多いのか、などを理解したうえで選択することが大切です。

--親子で志望校が異なってしまった場合は、どうすればよいでしょうか。

奥田氏:保護者は地元志向なのに対し、お子さんは成長とともに友達関係や視野が拡がり、違う学校を志望するというケースがあります。そうしたときには、講師も一緒になって話し合うことにしています。

堀部氏:きちんと親子で話し合い、明確な志望理由を確認することが大切です。

奥田氏:最終的には、お子さんの希望を優先するご家庭が多いですね。

 栄光ゼミナールが合格者を対象に実施した「中学入試アンケート調査」(回答者数238人、2013年最難関中学突破ガイドより)によると、第一志望校を最終決定した時期は、6年生の夏以降が40.9%ともっとも多く、続いて6年生の1学期および5年生(ともに25.8%)となっている。全体では約3割が5年生までに、約6割が6年生の1学期までに志望校を決めていることがわかる。

 また、志望校を決定した主なポイント(複数回答)としては、「校風」が75.5%ともっとも多く、これに「文化祭・体育祭を見て」(48.9%)、「校舎・設備」(48.5%)が続き、実際に学校に足を運ぶことの大切さが伺える。3割以上がポイントとしてあげたものにはほかに「通学が便利」(38.0%)、「クラブ活動」(33.8%)があった。

--ありがとうございました。
《田村 麻里子》

関連ニュース

特集

page top