東芝、Tegra 4搭載でペン入力に対応した10.1型「REGZA Tablet AT703」など2機種 | RBB TODAY

東芝、Tegra 4搭載でペン入力に対応した10.1型「REGZA Tablet AT703」など2機種

IT・デジタル モバイル

Tegra 4搭載でペン入力、11acに対応した10.1型「REGZA Tablet AT703」。Bluetoothキーボードカバーが付属する
  • Tegra 4搭載でペン入力、11acに対応した10.1型「REGZA Tablet AT703」。Bluetoothキーボードカバーが付属する
  • 「REGZA Tablet AT703」単体
  • 「REGZA Tablet AT703」背面
  • 付属のデジタイザーペン
  • 下位モデルの「REGZA Tablet AT503」。デジタイザーには非対応
  • 「REGZA Tablet AT503」背面
 東芝は17日、10.1型Androidタブレット「REGZA Tablet」シリーズの新製品2モデルを発表した。発売は6月21日、価格はオープン。

 ラインナップは上位モデルの「REGZA Tablet AT703」と下位モデルの「REGZA Tablet AT503」。「REGZA Tablet AT703」は予想実売価格90,000円前後、「REGZA Tablet AT503」は50,000円前後。ともにOSはAndroid 4.2を搭載する。

 上位モデルの「REGZA Tablet AT703」は、10.1型のWQXGA(2,560×1,600ピクセル)のタッチパネル液晶を搭載。プロセッサがTegra 4(1.8GHz)、メモリ2GB、ストレージ32GB。

 ノート帳のようなUIを採用し、付属の専用ペンで文字や図形を手書きできるノートアプリケーション「TruNote(トゥルーノート)」を搭載しているのが特長。「TruNote」では、アイデアなどを最大100万ページ分書き込むことが可能で、線の種類や色を変更してイラストも描ける。また、書き込んだ文字や図形を手書きで検索したり、手書きした文字をテキストデータに変換しメールで送信できるほか、図形や表などもオフィス形式の文書に変換しPCなどで閲覧や編集も行える。

 ペン入力では、紙のような書き心地を実現するため、ディスプレイとペン先の摩擦抵抗を調整するとともに、独自開発の筆跡予測エンジンを搭載し、表示速度を速めた。感圧センサーは1,024段階。

 また、ホワイトボードの内容などを簡単にデータ化するアプリケ―ション「TruCapture(トゥルーキャプチャ)」や、プレゼンテーションなどでも有効なパワフル音響の「harman/kardon ステレオスピーカー」なども搭載している。

 カメラはメインが約800万画素、サブが約120万画素。インターフェースはmicroSDカードスロット、Micro USB 2.0、Micro HDMI出力、ワイヤレスがIEEE 802.11ac(Draft)/a/b/g/n、Bluetooth 4.0。GPS、電子コンパス、加速度、ジャイロなどのセンサーも搭載する。本体サイズは幅260.7mm×高さ178.9mm×奥行10.5mm、重量は約671g。バッテリ駆動時間は約9.5時間、Bluetoothキーボードカバーが同梱される。

 下位モデルの「REGZA Tablet AT503」は、デジタイザペン非対応で、「TruNote」も非搭載(TruCaptureは搭載)。プロセッサはTegra 3(1.3GHz)、メモリ1GB、ストレージ32GB、カメラはメインが300万画素、サブが120万画素。ワイヤレスはIEEE 802.11a/b/g/n(ac非対応)、Bluetooth 4.0、インターフェースはmicroSDカードスロット、Micro USB 2.0、Micro HDMI出力など。センサーは「AT703」と同じ。

 本体サイズは幅260.7mm×高さ178.9mm×奥行10.3mm、重量は約600g。バッテリ駆動時間は約11.5時間で、Bluetoothキーボードカバーはオプションとなる。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top