ASKA、一過性脳虚血症の疑いで治療・静養へ……チャゲアスの6年ぶり復活ライブが延期 | RBB TODAY

ASKA、一過性脳虚血症の疑いで治療・静養へ……チャゲアスの6年ぶり復活ライブが延期

エンタメ 音楽

復活ライブの延期が決まったCHAGE and ASKA
  • 復活ライブの延期が決まったCHAGE and ASKA
  • ASKAが一過性脳虚血症の疑いで治療・静養すると公式サイトの発表
 人気デュオ・CHAGE and ASKAのASKAが、一過性脳虚血症の疑いがあるとして当面の間、治療および静養すると所属プロダクションが発表。8月28日~31日の期間で予定していた国立代々木競技場第一体育館での復活ライブ「スペシャルライブ2013“On Your Mark”」の開催延期が決まった。

 公式サイトでの発表によれば、ASKAは数週間ほど前より体調不良を訴え、医師の診察および精密検査を受けたところ、一過性脳虚血症の疑いがあることが分かり、重篤な状態ではないが当面の間治療・静養とともに病状の経過観察が必要と診断されたという。ASKAは8月のステージに立ちたいと強く希望していたとのことだが、関係者間で慎重に協議した結果、ライブの延期を決定したとしている。

 公式サイトでは「CHAGE and ASKA として、6年ぶりとなるライブをお待ちいただいているファンの皆さまには大変申し訳なく、またご心配をお掛けいたしますこと、心よりお詫び申し上げます」と謝罪するとともに、「ASKA自身も万全な形でCHAGE and ASKAのコンサートが実現出来るよう、治療に努めてまいりますので、ご理解をいただき、温かく見守っていただけますようお願い申し上げます」と呼びかけている。

 なお、延期公演のスケジュールについては、詳細が決まり次第、会報誌「TUG OF C&A」や公式サイト等で発表するとのこと。

 CHAGE and ASKAは2009年1月より無期限で活動休止していたが、今年1月25日に、4年ぶりに活動再開することを発表。チャゲアスとしてのライブは2007年以来6年ぶりとして、ファンの期待を集めていた。
《花》

関連ニュース

特集

page top