【Interop 2013 Vol.4】富士通九州ネットワークテクノロジーズ、IPネットワーク・テストツールを展示 | RBB TODAY

【Interop 2013 Vol.4】富士通九州ネットワークテクノロジーズ、IPネットワーク・テストツールを展示

ブロードバンド その他

Next Steam
  • Next Steam
  • 富士通九州ネットワークテクノロジーズホームページ
 富士通九州ネットワークテクノロジーズは、6月12日から14日に幕張メッセで開催される国内最大級のネットワーク関連イベント 「Interop Tokyo 2013」 に出展する。各種ネットワークのテストに最適なIPネットワーク・テストツール「Next Streamシリーズ」のブース展示やShowNetスポンサーステージでのミニセミナーを行う。

 「Next Stream」は、クラウド時代のネットワーク構築に不可欠な検証環境を実現し、ネットワークビジネスを支えるテストソリューションを提供する試験装置。今回は、永年培ってきたIPネットワーク・テストツール「Next Stream」の技術をベースに、三次元トポロジービューア、10Gパケットレコーダ、Webアプリ評価システムという3つのテストソリューションを展示する。

 三次元トポロジービューアは、ネットワーク構成を三次元でわかりやすく表現し、問題が発生している箇所を直感的に知らせるグラフィカルインタフェース。

 10Gパケットレコーダは、10GbEフルワイヤ通信を取りこぼしなく内蔵ディスクに取り込み、パケットを欠落なくレコードすることで、ネットワークの状態をより詳しく分析できる製品。

 Webアプリ評価システムは、既存システムの実運用データを基に、評価システム上で通信状態を再現。簡単なパラメータ操作でアクセス数を増加でき、ネットワークの増強・移行時に、事前試験システムとして威力を発揮するという。

 ShowNetスポンサーステージでは、13日13時から13時20分まで、Next Stream 新シリーズ 「Webアプリ評価システム」を使った評価手法についてのミニセミナーを開催する。


※Interopの情報は、イベント情報メディアの「ExpoTODAY」でもチェック可能です。出展社情報ほか、資料ダウンロード、会場マップも展開します。
《》

関連ニュース

特集

page top