日立、アマゾンウェブサービスとの連携を本格開始……クラウド事業を強化 | RBB TODAY

日立、アマゾンウェブサービスとの連携を本格開始……クラウド事業を強化

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「アマゾンウェブサービス」トップページ
  • 「アマゾンウェブサービス」トップページ
  • 「Harmonious Cloud」紹介ページ
 日立製作所は3日、日立ソリューションズおよび日立システムズとともに、Amazon Web Services社の提供するクラウドコンピューティングサービス「アマゾンウェブサービス(AWS)」との連携を本格的に開始し、クラウド事業を強化することを発表した。

 日立グループの製品・サービスとAWSを組み合わせたクラウドサービスを順次提供する。具体的には、「Harmonious Cloud」のサービスメニューに、「Amazon Elastic Compute Cloud」をはじめとするAWSを追加する。同時に、2013年度中に「AWS Direct Connect(AWSへの専用線接続)」へ対応することで、「Harmonious Cloud」とAWSを高速かつ安定的に連携できるハイブリッドクラウドサービスの提供を行う。

 また、日立グループとして、AWS上でのSAP AG社のソフトウェアを活用したアプリケーションの構築・運用ソリューションの提供や、AWS上で提供する日立グループ製品のラインアップの拡充を順次進める。日立システムズのSaaS型運用管理サービス「App Bridge」や、日立の統合システム運用管理「JP1」を組み合わせることで、周辺システムまで含めた統合的な管理を実現する。

 AWSを活用して開発した製品・サービスは、グループ内に展開し、30万人を超える社員の利用実績・ノウハウをもとに改良を図り、社外に提供する。さらに、新たにAWS認定技術者の育成に着手し、2013年度中に日立グループ全体で200名を育成する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top