NHK、単一周波数ネットワークによるスーパーハイビジョンの地上伝送実験に成功 | RBB TODAY

NHK、単一周波数ネットワークによるスーパーハイビジョンの地上伝送実験に成功

ブロードバンド テクノロジー

SFN送信によるSHV地上波伝送
  • SFN送信によるSHV地上波伝送
  • 従来と新しいSFN技術の受信スペクトルの違い
  • 時空間符号化のしくみ
 日本放送協会(NHK)は16日、時空間符号化の手法を用いた「単一周波数ネットワーク」(SFN)によるスーパーハイビジョン(8K SHV)の地上伝送実験に成功したことを発表した。

 現行の地上デジタル放送では、周波数を有効に利用するために、複数の送信局で同じチャンネルを使用するSFN技術が使われている。このSFN技術では、2つの送信局から同一チャンネルで同じ波形の信号を送信するため、それらの電波を同時に受信すると、互いに弱め合う周波数が生じ、受信品質が劣化するという課題があった。

 今回、新たに開発された技術では、情報を時間的・空間的に符号化し、複数のアンテナから分散して送信する「時空間符号化」(STC:Space-Time Coding)を用いて、送信所ごとに異なる波形の信号を生成し、各送信局から別々に送信する。これにより電波が互いに弱め合うことなく、より安定して受信することを可能にした。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top