沖縄地方で梅雨入り……平年より5日遅れ | RBB TODAY

沖縄地方で梅雨入り……平年より5日遅れ

 気象庁沖縄気象台は14日、沖縄地方は同日ごろに梅雨入りしたと見られる、と発表した。

ブロードバンド テクノロジー
沖縄気象台ホームページ
  • 沖縄気象台ホームページ
  • 気象庁ホームページ
 気象庁沖縄気象台は14日、沖縄地方は同日ごろに梅雨入りしたと見られる、と発表した。

 沖縄気象台によると沖縄地方は、気圧の谷や湿った気流の影響で雨の降っている所が多くなっている。向こう一週間も前線や湿った気流の影響で曇りや雨の日が多くなる見込みだ。このため、沖縄地方は、5月14日ごろに梅雨入りしたと見られる。

 平年の梅雨入りは5月9日ごろなので5日遅れ、昨年の梅雨入りは5月13日ごろだったのでほぼ同時期だ。平年の梅雨入りは近畿地方が6月7日ごろ、関東甲信地方が6月8日ごろ、東北南部が6月12日ごろ、東北北部が6月14日ごろとなっている。

 なお気象庁によると、梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間がある。梅雨の時期に関する気象情報は、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに発表する情報だ。後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮し、今回発表した期日を変更する場合がある。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top