LINE、2013年1~3月期の業績は前期のほぼ倍に躍進 | RBB TODAY

LINE、2013年1~3月期の業績は前期のほぼ倍に躍進

 LINE株式会社は9日、機軸事業であるLINE事業に関する業績(2013年1~3月期)を開示した。

エンタープライズ 企業
2013年1~3月期のLINEの業績
  • 2013年1~3月期のLINEの業績
  • 「LINE」企業サイトトップページ
 LINE株式会社は9日、機軸事業であるLINE事業に関する業績(2013年1~3月期)を開示した。

 それによると、2013年1~3月期(1Q)のLINE事業の売上額は58.2億円。前四半期は30.3億円で、約92%増となっている。内訳は、ゲーム課金が売上構成比約50%、スタンプ課金が約30%となっており、そのほかは公式アカウント・スポンサードスタンプ等となる。なお地域別売上では、日本が約80%を占めた。

 LINEの登録ユーザー数は、 日本、タイ、台湾、スペイン、インドネシアを中心に増加しており、4月末に世界で1億5000万人を突破した。現在、スタンプ191種とゲームアプリ24種が提供されている。

 LINE株式会社は、NHN Japanのゲーム事業(現Hangame)とウェブサービス事業(現LINE)の会社分割により2013年に誕生。「LINE」「NAVER」「livedoor」のウェブサービス事業を承継している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top