福岡市、無料公衆無線LAN「Fukuoka City Wi-Fi」をJR九州の市内8駅へ拡大……開始1周年 | RBB TODAY

福岡市、無料公衆無線LAN「Fukuoka City Wi-Fi」をJR九州の市内8駅へ拡大……開始1周年

ブロードバンド 回線・サービス

博多駅(1Fコンコース~在来線ホームがサービスエリア)
  • 博多駅(1Fコンコース~在来線ホームがサービスエリア)
  • 九大学研都市駅
  • 1日平均アクセス数の推移(月別)
  • Fukuoka City Wi-Fi 拠点マップ
 福岡市は23日、無料公衆無線LANサービス「Fukuoka City Wi-Fi」をJR九州の市内8駅へ拡大することを発表した。

 「Fukuoka City Wi-Fi」は、観光客の利便性向上等を目的として、福岡市が提供する無料の公衆無線LANサービス。2012年4月27日のサービス開始からのアクセス数は、累計70万件に達している(2013年3月末時点)。海外からの来訪者への利用満足度調査では、9割以上が肯定的に評価しているという(「満足」「まあまあ満足」「ふつう」の合計93.5%)。

 今回、九州旅客鉄道と福岡市との共働により、博多駅をはじめ、福工大前駅・九産大前駅・香椎駅・千早駅・吉塚駅・南福岡駅・九大学研都市駅の計8駅で、Fukuoka City Wi-Fiが利用可能となる。 多くの観光客が見込まれる「博多どんたく港まつり」(5月3日~4日開催)を前に、さらなる利便性向上を目指したとのこと。

 4月27日から博多駅・九大学研都市駅でサービスを開始、その他の駅については5月~6月にかけて順次拡大予定。拡大後は全61拠点、アクセスポイント数は247か所(予定)となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top