インターネット選挙法案、参議院で可決 | RBB TODAY

インターネット選挙法案、参議院で可決

ブロードバンド ウェブ

国会(イメージ)
  • 国会(イメージ)
  • 国会(イメージ)
 第183回国会(常会)参議院で19日、衆議院提出の「公職選挙法の一部を改正する法律案」が可決された。投票総数:205で賛成票:205、反対票:0。これでいわゆるインターネット選挙が可能になる。

 インターネットの普及に鑑み、選挙運動期間における候補者に関する情報の充実、有権者の政治参加の促進を図るため、インターネットを利用する選挙運動を解禁する必要あるとされていた。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top