カカオトーク、大学生向け新機能として「時間割」情報の共有が可能に | RBB TODAY

カカオトーク、大学生向け新機能として「時間割」情報の共有が可能に

ブロードバンド その他

アプリから直接、カカオトークで情報を共有できる
  • アプリから直接、カカオトークで情報を共有できる
  • スワイプで「トークPlus」を呼び出しアプリを起動
 カカオジャパンは17日、同社が提供するスマートフォン用無料通話・無料メールアプリ『カカオトーク』において、トークルームから外部のアプリとシームレスに連携できる機能「トークPlus」のパートナーアプリとして、「すごい時間割」を新たに公開した。

 「すごい時間割」(開発:Labit)は大学生向けに設計された時間割アプリで、国内1,114の大学・短大に対応、約70万件の授業が登録されている。2013年度対応バージョンまでが公開されており、利用ユーザーは約15万人。今回の「トークPlus」との連携により、「すごい時間割」で作成した時間割や授業情報を、カカオトークのトークルーム内に反映可能となっている。

 トークルーム上で画面を右方向にスワイプすると「トークPlus」画面が表示されるので、アプリアイコンをタップして、アプリを起動。共有したい情報画面で「送信」をタップすると、カカオトークのトークルームで共有できる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top