首都圏法人タクシーの6割でSuica導入へ | RBB TODAY

首都圏法人タクシーの6割でSuica導入へ

ブロードバンド テクノロジー

スマートフォンで、東京無線のタクシーを呼べるサービス4月1日より開始
  • スマートフォンで、東京無線のタクシーを呼べるサービス4月1日より開始
JR東日本は4月16日、首都圏の日の丸自動車、東京無線協同組合、チェッカーキャブのタクシーへSuicaを導入すると発表した。

これによって、東京都内では既にSuica導入済みのタクシー約1万台と合わせて約2万台でSuica決済端末が搭載されることとなり、都内で走行中の法人タクシー約3万台のうち、約60%でSuica決済機が搭載される。

今回の首都圏タクシーへのSuica決済機拡大では、JCBがJR東日本とのSuica加盟店開拓に関する契約に基づいて、Suicaの精算業務を担当する。また、各社のタクシーでQUICPayと銀聯カードの取り扱いも可能にする。

Suicaの利用は東京無線が4月中旬から順次、日の丸が4月下旬から順次、チェッカーが6月下旬から順次それぞれスタートする。

JR東日本、首都圏法人タクシーの6割でSuicaでの料金決済が可能に

《編集部@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top