『ナオト・インティライミ冒険記』初日挨拶 主題歌も披露 | RBB TODAY

『ナオト・インティライミ冒険記』初日挨拶 主題歌も披露

エンタメ 映画・ドラマ

『ナオト・インティライミ冒険記』初日挨拶
  • 『ナオト・インティライミ冒険記』初日挨拶
  • ナオト・インティライミ
  • 『ナオト・インティライミ冒険記』石田監督
  • ナオト・インティライミ
  • 『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー』 (C)2013『ナオト・インティライミ冒険記』製作委員会
  • 『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー』 (C)2013『ナオト・インティライミ冒険記』製作委員会
 ナオト・インティライミ初のドキュメンタリー映画『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー』が4月13日に全国公開された。東京新宿のバルト9に、石田雄介監督と、バックパックを背中にしょってナオト・インティライミが登場。初日を迎える喜びを語った。

 ナオトは、旅に出る前は、8年のブランクが自分の旅のスタイルをどう変化させたのか、不安があったという。「変わっていませんでした(笑)。成長していなかったんですね(笑)。アグレッシブさが変わらないっていう意味ですよ」。

 いっぽう長編初監督となる石田監督は、この作品のオファーを受けたとき、「イヤなやつだったらどうしよう」と気になった。「ナオトと僕がどこまでコミュニケーションをとれるかで、ナオトのテンションやそれによって撮れる映像も変わってくるので。今では“ナオト”、“いっしー”の仲です」。

 ナオトも「旅に行くと長い時間を一緒にいるので“空気”にみたいになっていた。それが良くて、俺が監督やカメラマンを意識しちゃってたら映画はこうはなってなかった」と同意する。

 作品には仕込みは一切なしだという。ナオトは「テレビやライブではあんな顔しない(笑)」。しかし、何が起こるかわからないのが楽しいという。カリブでの飛び入りライブは、どこでライブが行われるのかもわからない状況だった。ナオトは「全員が“何かはじまる”という空気をキャッチし、僕も撮影クルーもお互いの役割を信じ、そして起きた、軌跡の瞬間だった」と説明する。この旅を最も象徴した瞬間だったという。

 ナオトは「まだお客さんの前で歌ったことがない」という主題歌「Catch the moment」を披露。サビの「シャララララ」というフレーズでは満席の会場も合唱し、貴重なライブになった。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top