メルセデス・ベンツの新型Aクラス、販売好調……先代比2倍、過去10年間で最高 | RBB TODAY

メルセデス・ベンツの新型Aクラス、販売好調……先代比2倍、過去10年間で最高

エンタメ その他

メルセデス・ベンツの新型Aクラス
  • メルセデス・ベンツの新型Aクラス
  • メルセデス・ベンツの新型Aクラス
  • メルセデス・ベンツの新型Aクラス
  • メルセデス・ベンツの新型Aクラス
 メルセデス・ベンツ日本は4月10日、新型『Aクラス』の受注が、1月17日の発売から約2ヵ月で5000台を突破したと発表した。これは、2005年に発売した先代モデルの約2倍に迫る受注数で、メルセデス・ベンツ日本として過去10年で最高の新型車販売立ち上がりとなった。

 メルセデス・ベンツのエントリーモデルに位置づけられる新型『Aクラス』は、メルセデス・ベンツ日本によると「7年ぶりのフルモデルチェンジにより、あらゆる面で進化を遂げた新世代スポーツコンパクト」だ。ヨーロッパにおいては昨2012年6月の受注開始以降、約9万台を受注した。すでに数多くの賞を受賞している。

 日本国内においては、メルセデスブランドとして世界初の試みとなる、オリジナルアニメーションを活用した事前プロモーションを展開し、Youtube上で公開した動画は19日間で200万回再生を達成、170以上の国と地域で閲覧された。

 また、新型『Aクラス』の商品の魅力と、顧客との接点を創出するマーケティング活動との相乗効果により、多くの新しい、特に従来より若い世代の顧客が販売店に来店しているという。4月1日から実施中の試乗キャンペーン「10万人試乗レポーター大募集!!」においても、対象モデル中で、新型『Aクラス』について最も多くのレポートが投稿されている。キャンペーンは6月30日まで。

 新型『Aクラス』は、居眠り運転による事故を未然に防ぐ「アテンションアシスト」やレーダー型衝突警告システム「CPA」を全モデルに標準装備し、レーダーを用いた最新の予防安全システム「セーフティーパッケージ」を設定し、これまでに半数以上のユーザーが選択している。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top