人気俳優の山田孝之が、学生映画『らくごえいが』に出演した理由は? | RBB TODAY

人気俳優の山田孝之が、学生映画『らくごえいが』に出演した理由は?

エンタメ 映画・ドラマ

山田孝之&加藤貴子&桂三四郎/学生映画『らくごえいが』初日舞台挨拶
  • 山田孝之&加藤貴子&桂三四郎/学生映画『らくごえいが』初日舞台挨拶
  • 山田孝之/学生映画『らくごえいが』初日舞台挨拶
  • 学生映画『らくごえいが』初日舞台挨拶
  • 加藤貴子/学生映画『らくごえいが』初日舞台挨拶
古典落語を現代劇として蘇らせたオムニバス映画『らくごえいが』の初日舞台挨拶が4月6日(土)、東京・ユナイテッドシネマ豊洲で行われ、俳優の山田孝之を始め、女優の加藤貴子、落語家の桂三四郎らが登壇した。

古典落語を原作とする短編3本『ビフォーアフター』(遠藤幹大監督)、『ライフ・レート』(松井一生監督)、『猿後家はつらいよ』(坂下雄一郎監督)に加えて、ナビゲーターを務める桂三四郎による『まくら』、そして三遊亭小遊三、笑福亭鶴光ら人気落語家へのインタビューで構成された本作。注目は東京芸術大学に通う3人の学生がメガホンを執った点で、「現場のみなさんがプロとして全うしていた」(山田さん)、「将来、日本映画を背負うみなさんが、目標に向かって突っ走る姿に刺激された」(加藤さん)と若さあふれる現場をふり返った。

それでも数々の話題作で知られる売れっ子・山田さんが学生映画に出演を果たしたのは、ファンにとって驚きなはず。しかし、当の山田さんは「落語が題材というのも面白いし、芸大のみなさんと仕事するのも興味深いなと。要は『やりたい』と思える要素がたくさんあったから」とあくまで自然体だ。山田さん自身も本作をきっかけに、落語に興味を持つようになったと言い「そういう人が増えればいいなと思った。映画と落語のかけ橋になれれば」と思いを熱弁していた。

一方、加藤さんは「マネージャーから『山田孝之さんが出るよ』と言われて、ぜひ出演したいと思った」とふり返るが、加藤さん自身は『猿後家はつらいよ』に出演しており、「そうなんです(笑)。別のパートなので、山田さんとは一切共演していません!」とトホホ顔。また、三四郎さんは、本作のプロデューサーからTwitter経由で出演オファーが届いたと明かし「普通、Twitterでそんな大切な話する? 最初は疑っていたが(笑)、いまはこうして人との縁を演じている。こうした映画が作られるのは、落語界にとっても良いこと」と笑いを交えながら、挨拶していた。

『らくごえいが』はユナイテッド・シネマ豊洲、シネマート新宿ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top