大学生のサイトアクセス状況調査……見てるサイト、人気上昇のサイト | RBB TODAY

大学生のサイトアクセス状況調査……見てるサイト、人気上昇のサイト

ブロードバンド その他

大学生の接触者率上位20ドメイン (2013年1月度)
  • 大学生の接触者率上位20ドメイン (2013年1月度)
  • 大学生の接触者率 2013年1月度/2010年1月度比較(増加ポイントの大きい5ドメインを抽出)
  • 訪問者に占める大学生の含有率が相対的に高いドメイン一覧 (2013年1月度。推定訪問者数100万人以上で、大学生の含有率が全体を3ポイント以上上回るドメインを抽出)
  • ウェブ接触者一人当たりの月間平均滞在時間 時系列推移
 インターネット利用状況を調査しているビデオリサーチインタラクティブ(東京都千代田区)は、春の新入学シーズンにちなみ、PCインターネットにおける大学生のウェブサイトアクセス動向をまとめた。以下、数値は自宅内PCインターネットユーザーについての推定値。

 2013年1月度において、大学生の接触者率(リーチ)が最も高いウェブサイトは「Yahoo! JAPAN」だった。「Yahoo! JAPAN」は他の職業区分においても共通してトップに位置している。以下、「Google」「Facebook」「YouTube」が続いている。

 上位ドメインの接触者率を高校生と比較すると、相対的に大学生のスコアが高いのは「Facebook」「はてな」があげられ、高校生が相対的に高いのは「YouTube」「FC2」「Ameba」となっている。

 また、3年前の2010年1月度時点の大学生の接触者率と比較すると、「Facebook」「Twitter」などのソーシャルメディアや「NAVER」が大幅に伸長している。

 次に、2013年1月度の推定訪問者が個人全体で100万人以上のドメインにおいて、大学生の含有率(シェア)が相対的に高いものを抽出すると、「リクナビ」「マイナビ」といった就職情報サイトなどのシェアが高い傾向を示している。

参考までに、大学生のウェブ接触時間量の推移を、各年とも1月度データでみてみた。ウェブに接触した大学生一人当たりの月間平均滞在時間は、2006年1月度から2011年1月度まで15時間を超えていたのに対し、2012年1月度では14時間44分、2013年1月度では12時間36分と減少傾向にある。さらに詳細な分析が必要だが、パネル内での大学生のスマートフォン所有率が、2010年11月時点:15.1%→2011年11月時点:43.5%→2012年11月時点:68.9%と急速に伸びていることから、インターネット消費時間のデバイスシフトが推察される。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top