富士通、10Gbps用の部品で100Gbpsを実現する光伝送技術を開発 | RBB TODAY

富士通、10Gbps用の部品で100Gbpsを実現する光伝送技術を開発

ブロードバンド テクノロジー

本技術の適用範囲
  • 本技術の適用範囲
  • DMT変調技術
  • 想定する4チャネル光送受信器構成
 富士通研究所と富士通研究開発中心有限公司は14日、汎用的な毎秒10ギガビット(Gbps)用の部品で100Gbpsの高速通信を実現する、光伝送技術を世界で初開発したことを発表した。

 従来は高速化に対応した部品が必要で、汎用的な部品は高速通信に用いることはできなかった。今回、デジタル信号処理を用いた「DMT(Discrete Multi-Tone)変復調方式」を適用することで、汎用的な10Gbps用の部品で100Gbpsの伝送を実現することに成功した。

 DMT変復調方式は、xDSLなどで使用されており、データを多数のサブキャリア(搬送波)に分割し、それぞれのサブキャリアに多値変調を用いることで高速伝送を実現する。今回、システムを立ち上げる際に光送受信器間で受信状況の確認を行い、送受信器および回線の特性に合わせて各サブキャリアに割り当てるパワーおよび多値度の最適化を実施するアルゴリズムを開発した。

 現在、4チャネル構成で100Gbpsを伝送するトランシーバが実用化されているが、本技術を適用することで、400Gbpsイーサネット用トランシーバの実現が可能となる見込み。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top