北日本の荒天、11日まで続く 気象庁 | RBB TODAY

北日本の荒天、11日まで続く 気象庁

 北日本の荒天は続き、気象庁では10日昼前から11日にかけて暴風雪となる所があると予想する。北日本や北陸地方の海上は大しけとなる。

ブロードバンド テクノロジー
気象庁ホームページ
  • 気象庁ホームページ
 北日本の荒天は続き、気象庁では10日昼前から11日にかけて暴風雪となる所があると予想する。北日本や北陸地方の海上は大しけとなる。

 日本海中部には低気圧があって、急速に発達しながら北海道付近を通過し、10日夜には千島近海に進み、北日本を中心に、冬型の気圧配置が強まる見込み。以下、気象庁が発表した風、波、雪の予想。

11日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)
北海道地方・陸上:23メートル(35メートル)
北海道地方・海上:25メートル(35メートル)
東北地方・陸上:20メートル(35メートル)
東北地方・海上:25メートル(35メートル)

11日にかけて予想される波の高さ
北海道地方、東北地方、北陸地方:6メートル

11日6時までの24時間に予想される降雪量
北海道地方:50cm
東北地方:40cm

 交通機関は、10日の空の便はこれまで運休、運休予定はないが、今後遅延・欠航・他空港への着陸や出発地への引き返しの可能性がある。JR北海道・東日本では一部区間で運転を見合わせている。新幹線は、山形新幹線の一部列車に強風の影響で遅れが出ている。高速道路は道央自動車道美唄~札幌、士別剣淵~旭川北などが通行止めだ。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top