日本ユニシスとANA、デジタルコンテンツサービスを14空港に拡大 | RBB TODAY

日本ユニシスとANA、デジタルコンテンツサービスを14空港に拡大

 日本ユニシスと全日本空輸は5日、伊丹空港のANAラウンジで提供している雑誌・ニュースを中心としたデジタルコンテンツサービスを13日から全国14空港のラウンジに拡大すると発表した。

IT・デジタル その他
日本ユニシスとANA、デジタルコンテンツサービスを14空港に拡大
  • 日本ユニシスとANA、デジタルコンテンツサービスを14空港に拡大
  • 日本ユニシスとANA、デジタルコンテンツサービスを14空港に拡大
日本ユニシスと全日本空輸は3月5日、伊丹空港のANAラウンジで提供している雑誌・ニュースを中心としたデジタルコンテンツサービスを13日から全国14空港のラウンジに拡大すると発表した。

利用ラウンジの拡大に合わせ、日本経済新聞(電子版)など56種類のコンテンツを増やす。

このサービスは、ANAの空港ラウンジ内で、顧客のパソコンやスマートフォン、タブレット端末などでニュースや書籍などを楽しめるサービスで、一部のコンテンツはダウンロードでき、ラウンジを出た後でも見ることが可能だ。

昨年9月から伊丹空港のラウンジで提供を開始し、延べ4万人を超える顧客が利用している。

13日からは、羽田、成田、関西の国際線ラウンジと国内線では羽田、成田、千歳、仙台、小松、関西、岡山、松山、広島、福岡、熊本、鹿児島、那覇でも提供開始する。
《編集部@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top