ドコモ、屋外伝送実験で世界初の10Gbps信号伝送に成功……Xiの速度を100倍に | RBB TODAY

ドコモ、屋外伝送実験で世界初の10Gbps信号伝送に成功……Xiの速度を100倍に

エンタープライズ モバイルBIZ

今回の10Gbps信号伝送実験で採用した主要技術(イメージ図)
  • 今回の10Gbps信号伝送実験で採用した主要技術(イメージ図)
  • 屋外伝送実験におけるイメージ
 NTTドコモは27日、屋外移動通信環境下での伝送実験において、世界で初めて、上り最大約10Gbpsのパケット信号伝送に成功したと発表した。

 この実験は、電波の直進性が強いため利用が難しいとされている5GHz帯以上の高い周波数帯を用い、10Gbpsを超える高い伝送速度を実現することを目的に、東京工業大学と共同で、2012年12月11日に実施された。具体的には、沖縄県石垣市浜崎町地区において、平均時速約9kmで移動している移動局装置から11GHz帯において400MHzの帯域幅でMIMO空間多重技術を使って信号を送信し、基地局装置で受信した。復号処理を行った結果、最大約10Gbpsのパケット信号伝送に成功したことが確認できたという。

 今回の実験の仕組みを下りパケット信号伝送に適用すれば、現在提供しているXiでの受信時最大100Mbpsの約100倍となる、下り最大約10Gbpsの高速通信も可能になる見込みだ。

 ドコモでは、これまで2005年12月14日の屋外実験では下り最大約2.5Gbps、2006年12月14日の屋外実験では下り最大約5Gbpsのパケット信号伝送を達成している。

《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top