清純派・松下奈緒が上から目線……自意識過剰な“ぶっ飛び”ヒロインで新境地 | RBB TODAY

清純派・松下奈緒が上から目線……自意識過剰な“ぶっ飛び”ヒロインで新境地

エンタメ 映画・ドラマ

4月スタートのフジ系ドラマ「鴨、京都へ行く。」に主演する松下奈緒
  • 4月スタートのフジ系ドラマ「鴨、京都へ行く。」に主演する松下奈緒
  • 計算高くて頭のキレる外資系コンサルの金融マン・衣川周平役の椎名桔平
 女優の松下奈緒が、4月スタートのフジテレビ系ドラマ「鴨、京都へ行く。」(毎週火曜午後9時~)に出演する。松下が演じるのは、旅館再建を任されることになった元官僚の新米女将。まっすぐでパワフルな“暴走ヒロイン”という新境地に挑む。

 同ドラマは、東大卒の財務省キャリア官僚のエリート女子である主人公・上羽鴨が、借金まみれの家業の旅館を再生させるために女将に転身し、クセ者ぞろいの従業員から総スカンを食らい、いがみ合いながらも共に旅館再建に奮闘するというワーキングコメディ。NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」で献身的な妻を演じて国民的女優となった清純派の松下が、「旅館の経営なんて私の頭脳があれば、すぐに上向きになる!」と、自意識過剰でとにかく上から目線という強気なキャラクターを演じている。

 同局制作側は、「松下奈緒さんは、これまで『ゲゲゲの女房』をはじめ、多くのドラマ・映画で、優しくて正しくて皆に愛されるキャラクターを演じ、多くの視聴者に愛されてきました。そんな国民的女優・松下さんに、これまで見たことないようなぶっ飛んだキャラクターを演じてほしいと常々思っていました」と、松下を起用した理由を明かす。松下も、これまでのイメージを覆す型破りなヒロインに、「演じることが今からとても楽しみです。また、オール京都ロケということも楽しみにしています。鴨が成長していく姿を皆さんに見ていただけるようなパワーあふれるドラマにしたいです」と、意気込みを語っている。
《花》

関連ニュース

特集

page top