東芝SOL、クラウドの移設を短時間で実現するサービスを提供開始……「EMC RecoverPoint」を利用 | RBB TODAY

東芝SOL、クラウドの移設を短時間で実現するサービスを提供開始……「EMC RecoverPoint」を利用

 東芝ソリューションは5日、大容量データ移行を短期間で可能とする「データ移行サービス」を販売することを発表した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
データ移行イメージ
  • データ移行イメージ
  • クラウドサービスの位置付け
 東芝ソリューションは5日、大容量データ移行を短期間で可能とする「データ移行サービス」を販売することを発表した。

 東芝グループでは、国内外に750社(国内260社、海外490社)、約21万人の社員がワールドワイドにビジネスを展開している。東芝ソリューションは東芝インフォメーションシステムズとともに、東芝グループの情報システムの開発・保守・運用を長年にわたり担っており、今回、クラウド上の基幹システムおよび大容量データのデータセンター間移行をEMCジャパンのリモート・レプリケーション・ソフトウェア「EMC RecoverPoint」を利用することで短期間に完了。これらの移設ノウハウをもとに、「データ移行サービス」を商品化した。

 新・旧データセンター間で、大容量・大規模クラウドの移設をダウンタイム約15時間(サーバ移設時間のみ)で実現。綿密な移行設計によるオンラインデータ移行を事前に実施することで、移行当日のダウンタイムを極小化したとのこと。また継続的なデータ保護を実現する「EMC RecoverPoint」の重複排除機能を活用することでデータ移行時間を短縮した。移行対象システム(サーバ数/システム数/データ量)は、旧東京地区DC~新東京地区DC間移設が18サーバ/85システム/25TB、大阪地区DC内移行が15サーバ/80システム/11TB。2種類・3バージョンのOSが利用されていた。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top