ソニー、日本市場向け最新タブレット「Xperia Tablet Z」を発表 | RBB TODAY

ソニー、日本市場向け最新タブレット「Xperia Tablet Z」を発表

IT・デジタル モバイル

「Xperia Tablet Z」
  • 「Xperia Tablet Z」
  • 「Xperia Tablet Z」
  • ソニーモバイルコミュニケーションズの発表
 ソニーモバイルコミュニケーションズは21日、Androidタブレット「Xperia Tablet Z」を発表した。今春、日本市場向けに導入予定だという。

 「Xperia Tablet Z」は、OSにAndroid 4.1、CPUに1.5GHzクアッドコアプロセッサーを搭載した薄さ約6.9ミリ、約495gの軽量タブレット。約10.1インチのWUXGAディスプレイに、「Reality Display」を採用、ソニー独自の「モバイルブラビアエンジン2」と併せて、映像コンテンツをより鮮やかに、美しく表現するとしている。

 Xperia Tabletとして初めて、ソニー製裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R for mobile”を採用した約810万画素カメラを搭載。音の動きや、広がり感を実現するソニー独自のバーチャルサラウンド技術「S-Force(エスフォース)フロントサラウンド 3D」などの機能も搭載している。またNFC(Near Field Communication)を搭載し、対応のXperiaスマートフォンやソニー製の機器にかざすだけで、写真や音楽をワイヤレスで転送・ストリーミングできるワンタッチ機能にも対応した。LTE通信にも対応している。

 カラ―は、Black(ブラック)、White(ホワイト)の2色。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top