タニタが「ミス・ユニバース・ジャパン」ファイナリストをサポート | RBB TODAY

タニタが「ミス・ユニバース・ジャパン」ファイナリストをサポート

エンタメ その他

タニタ
  • タニタ
 タニタは、女性の理想的な体形の指標となる「ブリリアントボディ指数」を開発し、これを搭載したプロフェッショナル仕様の体組成計「MC-980・フォー・ブリリアント」を使い、2013ミス・ユニバース・ジャパン(MUJ) ファイナリストのサポートで全面的に採用する。

 また、同社が提唱する食事や運動、休養をバランスよく取るため、専門家らからなるMUJタニタサポートチームを編成し、2月17日から3月3日まで、東京都文京区にある「ホテル椿山荘東京」で開くビューティーキャンプでサポートを実施する。

 ブリリアントボディ指数は、予防医学コンサルタントの細川モモ氏との共著「タニタとつくる美人の習慣」の中で提唱したブリリアントボディのつくり方を指標化し、独自のアルゴリズムによる現状のプロポーションを体重、体脂肪率、筋肉量、バスト・ウエスト、ヒップサイズ、生活習慣記録から点数と9タイプの体形で判定するものである。また、脂肪と筋肉の分布を右腕、左腕、右脚、左脚、体幹部と5分割して見ることもできる。自分がどの体形に位置するのかを客観的に把握できるだけでなく、時系列的に記録・グラフ表示していくことで、どの部位を改善していけば理想の体形に近づくことができるか目標設定が可能だ。

 今回のサポートの対象となるファイナリストは44人で、1月17日に全員の計測を行い、ブリリアントボディ指数に基づく結果をフィードバックして、2月17日のキャンプインまで食事、運動指導などを行う。キャンプ期間中はMUJタニタサポートチームによる日々の計測結果に基づく食事や運動指導、そして栄養バランスのとれたタニタ社員食堂メニューを提供していく。更に、ストレスを緩和するアロマテラピーやメンタルフィジック音楽によるメンタルヘルスの面でもサポートする。

 同社は、若い女性が目指す健康美について食事と運動、休養をバランスよく取ることが重要であるとし、現在の「痩身=美」といった間違ったダイエット方法に警鐘を鳴らしている。2013MUJでのサポートは、44人すべてが心身ともに世界に通用する美女となり、3月4日の日本大会において最高のパフォーマンスを発揮できるようにしたいと、同社は考えているという。
《浦和 武蔵》

関連ニュース

特集

page top