【バレンタイン】支援地区のカカオを使用したチョコ 森永製菓 | RBB TODAY

【バレンタイン】支援地区のカカオを使用したチョコ 森永製菓

 森永製菓は、2013年のバレンタイン・シーズンに向けて、支援を行っていたガーナの特定地区で採れたカカオを使用した2種のチョコレート「70g森永チョコレート<1チョコfor1スマイル>」、「ダース<ミルク>」を発売する。

エンタメ その他
お客様と一緒に行う笑顔をつくる支援の循環
  • お客様と一緒に行う笑顔をつくる支援の循環
  • 70g森永チョコレート<1チョコfor1スマイル>
  • 「1チョコfor1スマイル」について
  • ダース<ミルク>
  • 商品概要
  • ガーナでの教育環境整備
  • 農業支援活動
 森永製菓は、2013年のバレンタイン・シーズンに向けて、支援を行っていたガーナの特定地区で採れたカカオを使用した2種のチョコレート「70g森永チョコレート<1チョコfor1スマイル>」、「ダース<ミルク>」を発売する。

 同社は、創業110周年を記念したCSR活動として、お客様と一緒に子供たちの笑顔のための売上連動型コーズプロモーション(社会的大義を訴求して参加を促す販促手法) 「1チョコfor1スマイルキャンペーン」を、2008年から開始している。国際協力NGOの活動支援を通じて、対象商品1つにつき1円を、カカオ生産国における子供たちの教育支援とカカオ農家の自立支援活動に充てる活動を行ってきた。

 多くの人から支援された結果、開始から5年がたった2013年のバレンタインに、支援が新たな形で実を結び、原料の一部ではあるが支援地区で収穫されたカカオを使用した2種類の商品を発売できた。

 この活動は、同社の創業者・森永太一郎氏の「世界の子どもたちをお菓子で笑顔にしたい」という想いを具現化したと同時に、菓子を通してお客様と一緒に支援の輪(和)をつくる活動でもある。今回の2種類の商品の発売により、消費者に購入してもらうでカカオ農家の支援が可能となり、さらにその支援地区で栽培されたカカオを使って商品を生産・発売するという、「お客様と一緒に行う笑顔をつくる支援の循環」が実現した。

「1チョコfor1スマイル」スタートから約5年…支援地区のカカオを使用したチョコ、限定発売

《浦和 武蔵》

関連ニュース

特集

page top