【物欲乙女日記】とろける食感にうっとり……いま話題の「窯出しとろけるプリン」を試してみた | RBB TODAY

【物欲乙女日記】とろける食感にうっとり……いま話題の「窯出しとろけるプリン」を試してみた

エンタメ その他

「窯出しとろけるプリン」
  • 「窯出しとろけるプリン」
  • 黄色いパッケージが目印。
  • ちょっと上品な見た目です。底にはカラメルソース。
  • さっそくいただきます。
  • バニラビーンズも見えますね。
  • そしてこのとろとろ感!
 こんにちは。最近、お菓子作りにはまっているマリです。簡単なケーキやクッキー、スコーンなど、手軽にできるものは友達の家に遊びに行くときに持って行ったりしています。

 一番苦戦しているのがプリン。どこに持って行っても喜ばれる“鉄板”のお菓子ですが、簡単そうでこれが難しいんですよ。作り方は大きく分けると2通り、お湯をひいた鉄板にプリンを並べてオーブンで焼く方法と、お鍋で蒸す方法があります。でも、オーブンは火加減が微妙で焦がしてしまうし、お鍋はアルミホイルでフタをするので、いつまで火にかけていたらいいのかわからず、生焼けになったりして成功率は10%程度……。もう作る自信はありません。あー、安くて美味しいプリンが食べたい!

■手みやげに人気のプリンがある!?

 そんな大したことのないプチ悩みを抱えている私に、「サークルKサンクスで売ってる『窯出しとろけるプリン』が美味しいよ」と友達が教えてくれたんです。調べてみると、5年前に発売されてから累計で3500万個以上売れているという人気っぷり。先月リニューアル発売したときは、2週間で220万個も売れたそうです。正直知りませんでした。このプリン、おみやげ用に買う人も多いらしく、リニューアルも“価格表示を消した新パッケージ”にしたものだとか。でも実は、120円という安さ。それなのに、贈り物にしたいくらいの美味しさって? 気になって仕方がなかったので、さっそく買ってみました。

■びっくりするほどしっとり&やわらかい

 パッケージは、確かに上品な感じがします。コンビニスイーツというより、ケーキ屋さんのプリンみたい? 山吹色の包み紙を取ると、卵とバニラビーンズのいい匂いが広がります。プリンの表面には弾力があり、スプーンをいれると軽く押し返されるほど。でも、硬いのかなと思いきや、口に入れた瞬間とろっとやわらかい食感に。まるでクリームのように溶けてしまいます。卵のコクがあって、カラメルソースは苦みの主張がそれほど大きくなく、ほどよいアクセントに。お、美味しい……! あれっ、これコンビニで買ったんだよね? 財布から出したのは120円だよね? と、思わず脳内でレジでのやりとりを再生してしまいました。

■「焦らず丁寧に」が美味しさの秘訣?

 なぜこんなにしっとりとろとろなのでしょうか。パッケージには「低温でじっくり焼き上げた」と書かれています。私のように「まだかな?」「もういいよね?」と頻繁にアルミホイルを剥がしたりせず、大事に大事に作っているんだろうなぁ。そうじゃなきゃ、この美味しさにはならないんだろうなぁ。低温で、というのもポイントなんでしょうか。このへんの火加減は家庭じゃ無理だろうなぁ。まあ、出来るとも思ってませんが。

 コンビニ限定商品とは思えない上品なパッケージと、専門店のような味わいの「窯出しとろけるプリン」。これからの季節、クリスマスや年末年始の手みやげに良さそう。この価格なら、たくさん買っていけますしね。ちなみに私、自分で持って行ったおみやげを食べるの大好きなんです。今度、友達の自宅サロンに行く予定なので、さっそく持って行こうっと(そして一緒に食べようっと)!
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top